食材の旬を意識した食生活のススメ

山盛の野菜

旬の食材を食べよう

春はキャベツ、あさり、冬はかぼちゃ、というように食べ物には旬というのがあります。
最近では農業技術や保存技術が進歩したこともあり、旬に関係なく年中食材を手に入れることができるようになりました。

そのため旬を意識しない食生活をしているという人も少なくありません。
しかし、旬の食材を食べるということにはとても意味があるのです。

旬の食材を食べるメリット

旬の食材というのはそうでないときに比べると香りや旨み、栄養価が豊富です。
そのためにいつもとは違った味わいで楽しむことができます。

また、食材そのものの味が良いために調理も味付けもシンプルですみます。
そのため、塩分や糖分の摂りすぎも抑えることができ、なおかつ豊富な栄養を摂取することができるので健康的な食事をすることができるのです。

また、旬ということは鮮度も良いですし、たくさん収穫されるために価格も安くなります。
リーズナブルに入手できて、なおかつ美味しい、栄養価も高い、となればその季節に食べるべきであると言えます。

さらに、旬を意識することで季節感を感じた食事をすることができ、食育の機会を設けることができるのです。
昔は旬の時期にしかその食材を食べることができませんでした。
そのため、旬の食材を食べることで季節を感じて過ごすことができました。

最近では旬に関係なく食料が入手できるために旬を意識した食事をする人は減りつつあります。
しかしながら旬を意識することで日本ならではの四季を意識した食事をすることができ、なおかつ食の行事や食べ物が自宅に届くまでのことを考える機会にもなるために食育にも日本人としての感性を磨くことにも役立つのです。

旬を意識した食材を購入するには

スーパーでの買い物ではなかなか旬を感じる買い物はできません。
常に品揃えが良いために自分自身の旬の食材についてについての知識が求められてしまいます。
そこで利用したいのが地元の直売所や農協をはじめとした地場野菜を取り扱う店舗です。

このような場所というのは多くの場合、自産自消を掲げており旬の食材を取り扱うことを意識した商品展開をしています。
店舗によっては生産者が直接作ったものを販売しているために、野菜の製造の過程を知るということも可能です。
生産者の顔が見えるというのは特に安心して食材を購入することができますからぜひ活用したいものです。

これは加工品においても同じです。
旬の食材を利用してすぐに加工した製品であれば、ジャムやお惣菜でも味が格段に違います。

このような商品を取り扱っている場所というのは最近どんどんと増えて、スーパーの中でも地元食材のコーナーを設けているところもありますし、駅の近くに直売所を設けているというところも多いです。
ぜひ地元のこういった場所を探して地元の旬の食材を食べる機会を設けるようにしましょう。

お正月に食べるおせちも立派な食文化

今ではお正月にはおせちを食べるという風習がありますが、それぞれおせちに入ってる食べ物の意味は知っていますか?

学問が成就するようにという願いが込められていたり、子孫繁栄、長生きができるように、と具材によってさまざまな意味を持っています。
今までその意味を知らなくても、おめでたいお正月にはぜひおせち料理を食べたいですよね。

今は重箱の数を自分たちで決めることができたり、中身の具材もお好みにできるおせち料理が増えています。
参考>>2019おせち料理|大丸松坂屋オンラインショッピング

家族みんなで食卓を囲んで、普段の食事とは一味違うおせち料理を堪能してみてはいかがでしょうか。